EXHIBITION &
EVENT

所蔵品展

秋野不矩 生命の輝きⅠいきいきと(生き生きと)

2022年5月14日(土)~6月26日(日)終了しました

秋野不矩 ≪帰牛≫ 1995年

2022年度期所蔵品展では、秋野不矩が生涯を通して描き続けた人・動物・自然の生命(いのち)の脈動あふれる作品を、4期に分けてご紹介してまいります。
第1期「生命の輝きⅠ いきいきと(生き生きと)」では、秋野不矩の画業全般の中でも人と自然の息遣いが感じられる作品を展示します。
秋野不矩は造形的な人物表現に意欲的に取り組み、戦後期の日本画を取り巻く流れに一石を投じるとともに、客員教授として赴任したインドで出会った峻厳な地に力強く生きる人々や動物などを表現し、見る者の共感を得ました。
今回の展覧会では、秋野不矩の作品から、画業初期に描かれた《少年群像》(1950年/第1回上村松園賞受賞作品)や《青年立像》(1955年)、インドに暮らす人々を題材とした《村童》(1987年)や《地の祈り》(1987年)、画業後期の《ウダヤギリ僧房Ⅰ/Ⅱ》(いずれも1992年)、《ガンガー1999》(1999年)などを出展します。
作品を通して、秋野不矩の人と自然へのおおらかな愛情と憧憬を感じてください。

■ 主な作品

秋野不矩 ≪少年群像≫ 1950年

秋野不矩 ≪少年群像≫ 1950年

秋野不矩 ≪雨雲≫ 1998年

秋野不矩 ≪雨雲≫ 1998年

秋野不矩 ≪ガンガー≫ 1999年

秋野不矩 ≪ガンガー≫ 1999年

秋野不矩 ≪アフガニスタン風景≫ 1972年

秋野不矩 ≪アフガニスタン風景≫ 1972年

秋野不矩 ≪ウダヤギリ僧房Ⅱ≫ 1992年

秋野不矩 ≪ウダヤギリ僧房Ⅱ≫ 1992年

■ 展覧会情報

会期2022年5月14日(土)~6月26日(日)
開館
時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日

月曜日

観覧料

こちらをご覧下さい

主催浜松市秋野不矩美術館(公益財団法人浜松市文化振興財団)

■ ダウンロード